医師の診断が重要

モデルの女性

肥大化する老人性イボには、皮膚科医の診断をうけよう

加齢による皮膚症状で、老人性イボというものがあります。皮膚の清浄作用で角質が剥離するときに、紫外線などの影響で老人性イボができてしまいます。この対策には、毎日の洗浄で除去するようになります。しかし力を入れて角質を除去しようとすると、老人性イボが拡大することがあります。お風呂などの洗浄剤を、低刺激で洗浄力の高いものへかえることをお奨めします。そして化粧剤で汚れを除去する、効果のあるものを使いましょう。すぐには取れない老人性イボも、お手入れを繰り返すことで小さくすることができます。そして毎日のお手入れでも、小さくならないイボでは、皮膚科医へ診察をしましょう。専門医の診察で老人性イボと診断されると、レーザーなどで焼かれる処置ができます。

小さなシミ状なら、毎日のお手入れで除去可能

紫外線の影響で、以前よりも老人性イボに、悩まされる患者が増えました。外出の際は一年中といえるほど、紫外線予防のための対策をしましょう。毎日の積み重ねの、紫外線量で、イボが大きく広がってしまいます。先程の除去効果のある、お手入れも対策のうちですが、まずは紫外線を浴びないことが先決でしょう。帽子や日よけ傘などの他、首元のマフラーなどもアイテムとなるでしょう。そしてできてしまうイボのためには、除去や洗浄を目的とした、お手入れを積み重ねましょう。かんたんに言うと、皮膚の汚れの積み重ねが、イボのような固形化していくものです。小さな粒状のシミのようなイボなら、お手入れ次第で小さくなるでしょう。万が一、小豆大くらい肥大化すると、病院での治療をしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加